このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年トリノ五輪 > スキー&スノボ


スキー&スノボ

藤森7位入賞も「むかつく」/スノーボード

女子クロス準々決勝 準決勝進出を決めガッツポーズでゴールの藤森由香(共同)
写真=女子クロス準々決勝 準決勝進出を決めガッツポーズでゴールの藤森由香(共同)

<トリノ五輪:スノーボード>◇17日◇決勝◇女子クロス

 藤森由香(19=JWSC)が初めての五輪挑戦で7位入賞を果たした。予選を15位で通過した藤森は競争相手の転倒という運にも恵まれ、2位で準々決勝を突破。準決勝で最下位となり、5−8位決定戦へ回り、7位となった。

 7位は五輪スノーボードでの日本女子の最高成績だが藤森は「7位はむかつく。悔しい。実力がそこ(まで)だということが分かった。スタートで1番に出たかったけど、できなかった。これからはすべての面でレベルアップしたい」と話した。

 優勝はターニャ・フリーデン(スイス)。決勝のゴール直前で転倒し逆転されたリンゼイ・ジャコベリス(米国)が2位だった。

[2006/2/18/00:49]



最新ニュース

記事バックナンバー



ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア