このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年トリノ五輪 > スキー&スノボ


スキー&スノボ

成瀬42位、蛯沢は43位/距離

男子15キロクラシカルで42位の成瀬野生(共同)
写真=男子15キロクラシカルで42位の成瀬野生(共同)

<トリノ五輪:距離>◇17日◇男子15キロ

 日本勢は成瀬野生(早大)が41分22秒0で42位、3大会連続出場の蛯沢克仁(川田工業)は41分25秒8で43位にとどまった。

 成瀬は「前半は良かったけど、後半になって疲れが出た。トップと離されて残念。緊張はしなかったけれど与えられたチャンスを生かしたかったので、満足できない」と悔しがった。

 蛯沢も「スキーの選択ミス。滑り始めてすぐにワックスがはがれてしまった。自分の持てる力を出せる状態にならないのは悔しいけど、それも含めて実力」と完敗を認めた。

 前回ソルトレークシティー五輪を制したアンドルス・ベールパル(エストニア)が中盤に踏ん張り、38分1秒3で2連覇を達成した。14秒5差でルカシュ・バウアー(チェコ)が続き、W杯個人総合トップのトビアス・アンゲラー(ドイツ)が3位に続いた。

[2006/2/17/21:58]



最新ニュース

記事バックナンバー



ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア