このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年トリノ五輪 > スキー&スノボ


スキー&スノボ

愛子に母と友から「金メダル」/モーグル

友人や母の圭子さんから手作りの「金メダル」を手渡され、涙ぐむ上村愛子(共同)
写真=友人や母の圭子さんから手作りの「金メダル」を手渡され、涙ぐむ上村愛子(共同)

<トリノ五輪:フリースタイルスキー>◇11日◇決勝◇女子モーグル

 5位に終わった上村愛子選手(26=北野建設)に悲願のメダルは逃したが、母圭子さん(54)と友人から、心のこもった手作りの「金メダル」が贈られた。試合後、悔しさを押し隠して、明るく振る舞っていた上村選手。ゲレンデを去ろうとしたとき、通路の向こう側に圭子さんを見つけた。笑顔を浮かべて近づいた上村選手の目にみるみるうちに涙があふれる。何か言おうとするが言葉にならない。

 紙皿に金色の紙を張って作った特大のメダルを圭子さんらが通路の柵越しに手を伸ばして渡す。受け取った上村選手はメダルを自分の首に下げると、ようやくいつもの笑顔に戻った。

 上村が立ち去った後、圭子さんは「愛子が一生懸命滑ってほしいと思いながら見ていた。結果は別にして本当によく頑張った」と話した。

[2006/2/12/14:17]



最新ニュース

記事バックナンバー



ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア