このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年トリノ五輪 > 紙面から


紙面から

最後も大役旗手条治

閉会式で旗手役を務める加藤条治
写真=閉会式で旗手役を務める加藤条治

 日本選手団旗手を務めたスピードスケート加藤は、選手団と離れて1人で入場し、開会式に続き大役をこなした。終了後、笑顔で引き揚げ「今度こそ期待に応えられるよう一から出直したい。4年後は、ずばぬけた実力で金を取れるように頑張る」と宣言した。岡崎らとトリノから直接参戦する3月3日開幕のW杯ヘーレンフェーン大会(オランダ)から再出発が始まる。

[2006/2/28/09:42 紙面から]



最新ニュース

記事バックナンバー



ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア