このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年トリノ五輪 > 紙面から


紙面から

静香に金とダイヤのティアラ

ティアラを着けた荒川はシャンパンを手に鏡を見て笑顔を浮かべた(撮影・鈴木豊)
写真=ティアラを着けた荒川はシャンパンを手に鏡を見て笑顔を浮かべた(撮影・鈴木豊)

 荒川が26日、トリノ市が属するピエモンテ州からティアラ(王冠形の髪飾り)を贈られた。古代ギリシャ語で「ディアデマ」(リボン)と名付けられたティアラは、五輪を意味する5つの薄い輪を重ねたデザイン。約2・5カラットのダイヤモンドと金でできており、時価5万ユーロ(約700万円)相当という。今大会で、フィギュアの女子シングル優勝者だけに贈られる。「金メダルとともに素晴らしいティアラをいただいて最高に幸せ」と大喜びだった。

[2006/2/27/10:08 紙面から]



最新ニュース

記事バックナンバー



ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア