このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年トリノ五輪 > 紙面から


紙面から

54歳ベアードは銅/カーリング

<トリノ五輪:カーリング>◇24日◇男子決勝

 米国の54歳ベアードにとっては、喜び半減の五輪だった。銅メダルを獲得したが、自身は英国との3位決定戦を含め、1試合も出番がないまま全試合をベンチから見守った。さらにIOCは今大会の開幕前、公開競技だった24年シャモニー大会の同競技の選手にもメダルを与えると発表。銀メダルを獲得したスウェーデンのクロンルンドが、59歳61日で最年長メダリストと認められた。このため、銅メダルを獲得したベアードは最年長のメダリストにもなり損ねた。開幕前には「競技生活の最後に五輪に出られてうれしい」と喜んでいたが、二重の失望を味わったままトリノを去ることになった。

[2006/2/26/07:40 紙面から]



最新ニュース

記事バックナンバー



ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア