このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年トリノ五輪 > 紙面から


紙面から

村主、後輩たちにライバル宣言

エキシビションでボールを使った演技を披露する村主(撮影・鈴木豊)
写真=エキシビションでボールを使った演技を披露する村主(撮影・鈴木豊)

 現役続行を希望しているフィギュアスケート女子の村主章枝が24日、早くも年下のライバルたちにライバル宣言をした。寝たのはこの日の朝4時30分ごろ。睡眠不足もあってエキシビションでのジャンプに失敗するシーンもあったが「試合とは違うもの出せて良かった」と顔をほころばせた。一晩たって前日のフリーを冷静に振り返り「力を出し切って、大きな転倒もなく点数が出なかった。新しい採点方式になじむのが難しかった」と話した。3月に世界選手権(カナダ・カルガリー)を控えており「今回の五輪終わるとメンバーチェンジするでしょうから、それに対応していきたい」と意欲を見せていた。

[2006/2/26/12:20 紙面から]



最新ニュース

記事バックナンバー



ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア