このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年トリノ五輪 > 紙面から


紙面から

コーエン再び「銀コレクター」/フィギュア

フィギュアスケート女子2位のサーシャ・コーエン(撮影・田崎高広)
写真=フィギュアスケート女子2位のサーシャ・コーエン(撮影・田崎高広)

<トリノ五輪:フィギュアスケート>◇23日◇女子フリー

 SP1位のコーエンは「ガラスの天使」との評価を覆せず、再び「シルバーコレクター」となった。冒頭の3回転ルッツで転倒すると、続く3回転フリップでも両手を突くなど立て続けに失敗。「がっかりしている。ウオーミングアップからジャンプがうまくいかず、高さが出なかった」と致命的なミスを悔やんだ。

 V候補に挙がりながら過去、銀メダルが世界選手権2個、全米選手権4個。04年世界選手権では、今回と同じくフリーで乱れ、荒川に逆転を許した。この日も直前練習から動きが硬く、大舞台での勝負弱さを露呈し、女子シングルの米国勢3連覇を逃した。

 米国記者から「(4位)村主に負けたと思わなかったか」との質問が出たほどミスが多かった。それでも4年前のソルトレークシティー五輪4位から順位を上げた。「ミスを頭から閉め出し、残りを頑張ったが2位とは思わなかった」。銀メダル獲得が救いだった。

[2006/2/25/09:58 紙面から]



最新ニュース

記事バックナンバー



ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア