このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年トリノ五輪 > 紙面から


紙面から

田畑25日5種目出場

 鉄人記録に並ぶときがきた。女子中長距離の第一人者、田畑が日本女子史上2人目の5種目出場を果たす。女子1500メートル15位に終わった後、出場権を得ている25日の5000メートルに向け「もちろん出ますよ」と完全燃焼を誓った。

 12日の3000メートル(14位)を皮切りに、団体追い抜き(4位)、1000メートル(17位)と出場。団体追い抜きは計4本をこなしたため、この日で7レース目だった。「疲れはない」。3000メートルの上位16人が出場できる最終戦まで完走する。

 5種目出場は、女子では92年アルベールビル五輪まで2大会で達成した橋本聖子氏以来。93年に入社した富士急では1年間練習をともにした先輩で「いつも頭の中にある」というあこがれだった。今五輪は新種目の団体追い抜きの主力を担い、大先輩と肩を並べることになる。

[2006/2/24/10:11 紙面から]



最新ニュース

記事バックナンバー



ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア