このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年トリノ五輪 > 紙面から


紙面から

1位コーエン表現力断トツ!/フィギュア

ダイナミックな演技でSP首位に立ったコーエン(撮影・鈴木豊)
写真=ダイナミックな演技でSP首位に立ったコーエン(撮影・鈴木豊)

<トリノ五輪:フィギュアスケート>◇21日◇女子SP

 コーエン(21=米国)の決めのポーズが終わると、右手のガッツポーズを振り下ろした。大きな拍手が大歓声に変わった。リンク上のヒロインが投げキッスで応えた。夜11時すぎ、最後に登場したコーエンが、会場のムードを最高潮に変えた。「とても感激。人生すべてこの日のためにやってきた」と興奮を隠せなかった。

 完ぺきだった。身長158センチの小柄な体を大きく使い、舞った。切れのあるステップ、迫力あるスパイラルで、66・73点をたたき出した。技術を測る要素点はスルツカヤがわずかに上だったが、表現力を示す5項目のうち2つで8点台をマークした。「自分でつかみ取った」というSP1位だった。

 「無冠の天才」の返上が見えてきた。バレエダンサーだった母親譲りの柔軟性は世界屈指だが、五輪、世界選手権とビッグタイトルには縁がなかった。今年1月の全米選手権で初優勝。「靴箱にしまってあるたくさんの銀メダルとは輝きが違うね」。最高のムードでトリノ入りしていた。

 ソルトレークシティー五輪4位から、精神的にも大きくなった。公衆の面前で言い争いもあったニックスコーチと五輪後、コンビを解消。気まぐれな少女は、指導者を次々と代えて驚かせた。04年12月、謝罪とともに同コーチに再び師事。「自分に問題があった」。

 21歳になった実力者は「強さ」「前向きさ」と何度も口にした。23日のフリーに向け「1日1日進歩している。今夜と同じことをするだけよ」。自信に満ちあふれた氷の妖精に、米国女子の五輪3連覇がかかっている。【村上秀明】

[2006/2/23/09:12 紙面から]



最新ニュース

記事バックナンバー



ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア