このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年トリノ五輪 > 紙面から


紙面から

桧野、長岡組15位/ボブスレー

<トリノ五輪:ボブスレー>◇21日◇決勝◇女子2人乗り

 後半3、4回戦がチェザーナ会場で行われ、日本の桧野真奈美(26=十勝エコロジーパーク財団)長岡千里(29=ニッシン)組は、4本合計3分57秒49で、出場16チーム中15位(1チーム途中棄権)に終わった。ドイツAのサンドラ・キリアシス、アニャ・シュナイダーハインツェ組が優勝した。

 参加枠の問題から大会直前に出場がいったん白紙にされるという危機を乗り越えたが、世界の壁は厚かった。桧野は「悔しいです。でも今回がスタートライン」。長岡は「せっかく五輪の舞台に立たせてもらったのに。この結果を受け止めなくてはならない」と残念がった。

[2006/2/23/07:47 紙面から]



最新ニュース

記事バックナンバー



ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア