このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年トリノ五輪 > 紙面から


紙面から

ボブスレー桧野の父…娘の強さ実感

<応援談:ボブスレー桧野の父正規さん>

 娘の強さを知った。桧野の父正規さん(55)は、現地で声援を送った。「正式な発表までは希望を捨てないでおこう」と言い続けた3日間。睡眠もほとんどとらずに乗り切った娘の晴れ姿を目に焼き付けた。

 1月30日に五輪出場が「白紙」になったことを知った。突然の混乱の中でも桧野は、家族の前で気丈に振る舞った。正規さんは「きっと部屋で1人で泣いていたんだと思います」と言う。五輪前の調整に充てたい時期に、電話などに応じなければいけない娘のつらい気持ち。「やれることは、すべてやりたかったと思うが、できず…。かわいそうだった」。部屋で腕立て伏せや腹筋を、ひっそりと行っている姿が痛々しかった。

 騒動に、正規さんが意見をぶつけたこともある。代表が決まった今月1日の会見後、「突然出られないと言われても、何を信じていいのか」と吐いた。娘のために何かをしてあげたいという思いからだった。

 競技終了後、桧野は「父は『きっと出られる』と、ずっと励ましてくれた」と言った。自分の心労をよそに感謝の言葉を口にした娘に、正規さんは、あらためて強さを感じた。【北尾洋徳】

[2006/2/23/07:46 紙面から]



最新ニュース

記事バックナンバー



ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア