このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年トリノ五輪 > 紙面から


紙面から

ファブリス首相から祝福電話/Sスケート

<トリノ五輪:スピードスケート>◇21日◇男子1500メートル

 地元イタリアのエンリコ・ファブリス(24)が1分45秒97で優勝。イタリアに同競技個人種目で史上初の金メダルをもたらした。また、5000メートルの銅、団体追い抜きの金に続き、今大会3つめのメダルとなった。

 人気のアルペンスキーに比べ、国内競技人口80人と言われるマイナースポーツでの快挙。レース後、ベルルスコーニ首相からも祝福の電話が入った。「大会後に会おうと言われた。“君はイタリアのスピードスケートの歴史をつくっている”って」と照れた。

[2006/2/23/07:44 紙面から]



最新ニュース

記事バックナンバー



ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア