このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年トリノ五輪 > 紙面から


紙面から

恩田、夏見ら準々決勝で敗退/距離

距離女子スプリント準々決勝で敗退した夏見
写真=距離女子スプリント準々決勝で敗退した夏見

<トリノ五輪:距離>◇22日◇決勝T◇男女スプリント

 男女スプリント 日本勢は男子の恩田祐一(25=アインズ)、女子の夏見円(27=JR北海道)福田修子(25=弘果ク)が予選上位30人による決勝トーナメントに進出したが、いずれも準々決勝で敗退した。駒村俊介(26=ワセダク)は予選43位で落選。男子はビョルン・リンド(スウェーデン)、女子はチャンドラ・クロフォード(カナダ)が優勝した。

 美人コンビ解消? 準々決勝で敗退し24位に終わった福田は競技後、「これでスキーは終わりにしたい」と今季限りでの引退をほのめかした。本人は意思を固めており、所属先のコーチにも伝えている。将来的にはトレーナーになりたいという。「ただ、来年は札幌で世界選手権もありますし、説得されればもしかしたら…」と言葉を濁した。夏見と出場した14日の団体スプリントで8位入賞。注目を集めた美人コンビはわずか一大会で終わりになるかもしれない。

[2006/2/23/09:13 紙面から]



最新ニュース

記事バックナンバー



ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア