このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年トリノ五輪 > 紙面から


紙面から

逸見予選落ち…涙の引退表明/エアリアル

女子エアリアル予選2本目を終えた逸見佳代は観衆に手を振る(撮影・田崎高広)
写真=女子エアリアル予選2本目を終えた逸見佳代は観衆に手を振る(撮影・田崎高広)

<トリノ五輪:フリースタイルスキー>◇21日◇予選◇女子エアリアル

 日本でただ1人の女子エアリアル選手、逸見佳代(26=チームゼロ)が念願の五輪出場を果たし引退を決めた。21日、サウゼドルクスで行われた予選で最下位に終わった。決勝には進めなかったが、けがで欠場した過去2大会の無念を晴らし、レース後、今季限りで現役を退く意向を表明。女子は国内の選手がゼロになる存続の危機に陥った。

 達成感と苦労。1人で闘ってきた競技人生の集大成を迎えた寂しさ。さまざまな気持ちが交錯して、逸見は泣きながら「やっと出場できた。長かったんですかね、短かったんですかね」と笑った。1回目の演技は自身最高の2回転2回ひねりに挑んだが飛び出しでミスして転倒。2回目の2回転1回ひねりも着地で尻もちをついた。

 98年長野は大会前、02年ソルトレークシティー五輪は公式練習で右ひざの靭帯(じんたい)損傷で出場できなかった。「前回で引退しようと思っていたが出られなかったので、今日まで頑張れた」。しかし、感慨に浸ってばかりいられない。自分の引退で、国内の女子選手はゼロになる。今後は、競技の普及やスカウト活動に励む。「まずは女子でもできるということを伝えていきたい」と話した。

 もともと体操選手だったが、94年リレハンメル五輪で初めてエアリアルを見て「種目の名前も知らなかったが、すごく面白そう」と取り組んだ。自分のように体操やトランポリンからの転向は、技の体得に時間がかかる種目なだけに大歓迎。五輪初出場とド派手なエアで自ら種目アピールの「広告塔」になった。これからは地道に底辺を広げ、選手を育てていく。【佐藤智徳】

 ◆日本エアリアルの五輪成績 男子では、公開競技だった88年カルガリー大会の工藤哲史が11位、92年アルベールビル大会の永井祐二が14位。正式競技となった94年リレハンメル大会は待井寛が20位、98年長野大会は安藤和明が23位、02年ソルトレークシティー大会は中西拓が20位と1度も決勝に進出していない。女子は逸見が長野、ソルトレークシティーで代表入りしながら出場を見送った。

[2006/2/23/09:09 紙面から]



最新ニュース

記事バックナンバー



ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア