このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年トリノ五輪 > 紙面から


紙面から

拍手の「金」は44歳/エアリアル

<トリノ五輪:フリースタイルスキー>◇20日◇予選◇男子エアリアル

 主役となったのは、スキー最年長の44歳、クライド・ゲティ(アルゼンチン)だった。難易度の低い演技だったが着地に失敗。顔を強打し、両足のスキーも外れた。それでも、観客の拍手に両手を上げ、ヘルメットを振り回して投げキッスまでした。米国からアルゼンチンに国籍変更し2度目の五輪。「年齢なんか関係ない。オレを五輪に導くのは情熱さ」。最下位に終わり、コンピューター関係の仕事に戻る。「競技に比べれば、仕事は簡単だよ」と話していた。

[2006/2/22/09:57 紙面から]



最新ニュース

記事バックナンバー



ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア