このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年トリノ五輪 > 紙面から


紙面から

高校生渡部、複合個人スプリント出場へ

 日本複合初の高校生代表渡部暁斗(17=長野・白馬高)が、今日21日の個人スプリントの出場メンバー入りを決めた。20日に行われたラージヒル(K点125メートル、HS140メートル)公式練習後、コーチ陣の話し合いで抜てきされた。そのほか高橋、畠山、小林が選出された。

 待ちに待った出場だ。この日は3回目に123メートルを飛ぶなど、まずまずのジャンプを披露。日本勢で4番目の成績を挙げ、実力でメンバー入りを果たした。まだW杯の出場経験さえない17歳。いきなり世界の一線級と対戦することになるが「距離はマンニネンにもついていきたい。多分50メートルぐらいですけど」と冗談が飛び出すほど落ち着いている。「出るからには経験するだけじゃなく勝負したい」と気後れすることはなかった。

[2006/2/21/09:51 紙面から]



最新ニュース

記事バックナンバー



ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア