このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年トリノ五輪 > 紙面から


紙面から

フィギュア村主充実、公式練習で拍手

イキイキとした表情を見せる村主(撮影・鈴木豊)
写真=イキイキとした表情を見せる村主(撮影・鈴木豊)

 2大会連続の五輪を迎える村主章枝(25=avex)は20日、地元イタリアのコストナー、世界2位のコーエン(米国)らとともに公式練習に臨んだ。フラメンコ調のショートプログラムを情炎たっぷりに披露すると、2人に負けない拍手が飛んだ。体調はすぐにでも試合に臨めるほど良好で「私自身のスケートをして、喜んでもらいたい」と話す表情は充実している。

 日本女子シングルで1番年上だけあって、日常生活にもゆとりがあふれている。ワイン好きの村主は地元イタリアワインを堪能。佐藤信夫コーチにも感謝の意を込めてプレゼントした。疲れを取るため、19日夜の練習はオフにした。だが、それ以前の練習で見せる演技力は相変わらずで、最後の高速スピンでは観衆から盛大な拍手も浴びていた。

 最後から3番目にあたる27番滑走。フリーのテーマ「希望の道」に向かい、村主の2度目の挑戦が始まる。

[2006/2/21/09:51 紙面から]



最新ニュース

記事バックナンバー



ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア