このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年トリノ五輪 > 紙面から


紙面から

団体も落選!!原田の五輪終わる

 ノルディックスキー・ジャンプの日本代表・原田雅彦(37=雪印)が19日、今日20日(日本時間21日未明)の団体メンバーから落選した。団体は伊東大貴(20)一戸剛(29)葛西紀明(33)岡部孝信(35)の順で飛ぶことが決まった。19日の公式練習の結果をみて4人を決める予定だったが、悪天候で中止となり、これまでの試合や練習内容などからユリアンティラ・ヘッドコーチがメンバーを選んだ。同コーチは「原田は17日の公式練習で期待していたジャンプができていなかった」と理由を話した。

 原田は11日のノーマルヒル(NH)で板の長さに対して体重が約200グラム不足していたことで失格した。当初はNH要員として代表入りしていたが、その経験を買われ、ラージヒル(LH)のメンバー選考対象にもなったが、公式練習で振るわずに結局落選していた。リベンジの舞台に上がることなく、原田のトリノ五輪が終わった。

[2006/2/20/08:57 紙面から]



最新ニュース

記事バックナンバー



ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア