このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年トリノ五輪 > 紙面から


紙面から

大斗が復調宣言

 腰痛に苦しんでいたノルディック複合の高橋大斗が復調を宣言した。19日にプラジェラートで行われたジャンプの公式練習に参加。2回目に最長不倒の129・5メートルをマークした。「腰は大丈夫ですよ。ベストが100%なら80%までは回復しました」。選手村では、踏み切りの感覚を取り戻そうと負荷をかけたスクワットを繰り返してきた。「スカッと抜ける感じで立てるようになってきた」。21日の個人スプリントはベストに近い状態で臨めそうだ。

[2006/2/20/07:49 紙面から]



最新ニュース

記事バックナンバー



ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア