このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年トリノ五輪 > 紙面から


紙面から

清川、小林組は26位/ボブスレー

<トリノ五輪:ボブスレー>◇18日◇予選◇男子2人乗り

 代表枠の問題で大会直前に出場が危ぶまれた日本ボブスレー陣が、五輪レースに臨んだ。18日、チェザーナ会場で行われた男子2人乗りの前半1、2回戦に、清川卓(27=サニウェイ)小林竜一(29=鳥取県体育協会)組が出場し、2回の合計1分54秒29をマーク。26位につけ、後半の3、4回戦に向かう。

 パイロットの清川は「いろいろあったのでスタート前、ちょっと泣きそうになりました」。小林も「雰囲気にのまれそうだったが、必死に踏ん張った」と笑顔を見せた。98年長野五輪前に購入されたそりを歴代のチームが大事に使ってきた。2人は今回、白を基調に歌舞伎役者の隈(くま)取り風のデザインでペイントし、それぞれの名前の三社札を張って計14万円で新調。待望の舞台に感慨深げだった。

[2006/2/20/07:47 紙面から]



最新ニュース

記事バックナンバー



ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア