このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年トリノ五輪 > 紙面から


紙面から

愛子30歳での表彰台へ再スタート

 トリノ五輪フリースタイル女子モーグル5位の上村愛子(26=北野建設)が10年バンクーバー五輪に向け、再スタートを誓った。19日、千葉・成田空港に帰国し、課題として「エア前後のターン技術の向上」を掲げた。五輪後最初のレースとして、24日開幕の全日本選手権(福島・猪苗代町)に臨む。

 上村は「エアの直前とランディング(着地)後のターンにもっと自信をつけないと」と説明。「休みたいよりも次どう走ろうっかなぁ〜って(気持ち)」と意欲を見せた。今日20日には猪苗代町へ入る。W杯残り3戦もフル出場する。

[2006/2/20/07:58 紙面から]



最新ニュース

記事バックナンバー



ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア