このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年トリノ五輪 > 紙面から


紙面から

願いかなった出場も最下位/ボブスレー

<トリノ五輪:ボブスレー>◇18日◇予選◇男子2人乗り

 大会への参加資格問題で出場が一時危ぶまれたボブスレーの清川卓(17=サニウェイ)と小林竜一(29=鳥取県体協)が、男子2人乗りに出場した。「歌舞伎(かぶき)」をイメージしたそりで会場のチェザーナパリオルに登場。五輪出場という願いがかなった2人は果敢な滑りを見せたが、1回目は57秒27で29組中最下位に終わった。「アジア枠」で決まった出場は、その後二転三転。1度は出場が白紙になった。結局、開幕まで2週間を切った1月31日に「出場OK」の許可が出ての出場だった。

[2006/2/19/10:08 紙面から]



最新ニュース

記事バックナンバー



ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア