このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年トリノ五輪 > 紙面から


紙面から

独、首脳陣批判のヘルを追放

 ジャンプのドイツは18日、首脳陣を批判したアレクサンダー・ヘルをチームから除外した。報道によるとヘルはドイツに向かった。12日のノーマルヒル21位のヘルはラージヒル出場メンバーから漏れたことを不服としてローワイン・コーチを無能だと非難した。20日実施の団体出場選手の決定でも、体調不良者が出てヘルが必要になったとしても復帰させない方針だ。

 ヘルは公式練習で不当に飛距離を伸ばす目的で規定以上に大きいスーツを着用した。ローワイン・コーチは再度練習の機会を与えて成績を比較し、マルティン・シュミットを起用した。

[2006/2/19/10:08 紙面から]



最新ニュース

記事バックナンバー



ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア