このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年トリノ五輪 > 紙面から


紙面から

オーモットが連覇/S大回転

<トリノ五輪:アルペンスキー>◇18日◇男子スーパー大回転

 34歳のベテラン、オーモットが連覇を果たした。積もったばかりのパウダースノーを巻き上げてフィニッシュ。トップに立ったのを確認すると、ストックを持ったまま両手の人さし指を天に突き上げた。

 その後はライバルたちの滑りを見守る。最後に立ちはだかったのは33歳のマイヤー。わずか0秒13差でしのいでベテラン対決を制すと、テレビカメラに親指を立てて白い歯を見せた。03年10月にトレーニング中に右足首を骨折。負傷の瞬間は「選手生命が終わるのを感じた」。だが、子供用ゲレンデから練習を開始し、不屈の闘志で復活を果たした。1月に父親になったばかり。五輪通算4個目の金メダルは格別だった。

 これまでに五輪と世界選手権を通じて獲得したメダルは19個。だが03年夏に盗難に遭い、自宅金庫に入れてあったメダルすべてを奪われてしまった。20個目の記念すべきメダルは、きっと大事に大事にしまっておくに違いない。

[2006/2/19/10:08 紙面から]



最新ニュース

記事バックナンバー



ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア