このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年トリノ五輪 > 紙面から


紙面から

完ぺきな演技ロシア組優勝/フィギュア

<トリノ五輪:フィギュアスケート>◇13日◇ペアフリー

 やはりケガを克服したトトミアニナ、マリニン組が、ほぼ完ぺきな演技で有終の美を飾った。04年10月のスケートアメリカで、リフトしながらマリニンが転倒し、頭から氷に落ちたトトミアニナは意識を失って救急車で病院に運ばれた。それでも翌日、「スケートはやめない。パートナーを信じている」と言った。今大会を最後にプロ活動に入る2人。マリニンも「少しずつ、喜びに浸りたい」、トトミアニナは「人生で最高の瞬間。今の気持ちは表現できない」と涙ぐんだ。五輪のペアでは11大会連続でロシア勢(旧ソ連も含む)が勝ってきた伝統も守った。

[2006/2/15/07:54 紙面から]



最新ニュース

記事バックナンバー



ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア