このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年トリノ五輪 > 五輪ニュース


五輪

バンクーバー市長車いすで五輪旗引き継ぎ

 次回冬季五輪2010年大会の開催地、バンクーバーのサム・サリバン市長(46)が、車いすで五輪旗を引き継いだ。

 五輪旗はまず、キアンパリーノ・トリノ市長から国際オリンピック委員会(IOC)のロゲ会長に手渡され、ロゲ会長がサリバン市長の車いすに設置された金具に差し込んだ。市長は電動の車いすを器用に左右へ2回転ずつさせ、ステージ上で何度も旗をなびかせた。

 市長は19歳の時にスキー事故で首を骨折し、四肢が不自由になった。しかし困難を乗り越え、市会議員を経て、昨年11月に冬季五輪開催都市の市長に就任した。

 当初は付添人が代わって旗を受け取る予定だったが、市長は「自分の生き方に反する」と拒否、自ら五輪旗を引き継いだ。

[2006/2/27/09:41]



最新ニュース

記事バックナンバー



ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア