このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年トリノ五輪 > 五輪ニュース


五輪

閉会式に男が乱入、宣伝目的か

 26日に行われたトリノ冬季五輪閉会式で、カステラーニ五輪組織委員会会長のスピーチの際に、男がステージ上に乱入した。男は同会長の前にあったマイクをつかんで大会スローガンの「情熱はここにあり」と叫んだが、すぐに取り押さえられた。

 男は29歳のスペイン人。大会ボランティアの服とよく似た赤い服を脱いでステージに侵入した。黒いTシャツにはトリノ市内にオープンしたばかりのホテルの名前がプリントしてあり、宣伝が目的とみられている。男は「ただ単にイタリアにあいさつをしたかっただけ」と話しているという。

[2006/2/27/09:31]



最新ニュース

記事バックナンバー



ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア