このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年トリノ五輪 > 五輪ニュース


五輪

カナダが悲願の金メダル/カーリング

男子決勝でフィンランドを破り、初優勝を決めたカナダチーム(AP=共同)
写真=男子決勝でフィンランドを破り、初優勝を決めたカナダチーム(AP=共同)

<トリノ五輪:カーリング>◇24日◇男子決勝

 カナダがフィンランドを破って金メダルを獲得した。4−3とリードの第6エンドに6点を奪って大きくリード。第8エンド10−4となったところでフィンランドがギブアップして決着した。

 第6エンドでカナダのサード、ニコルズの第1投は、フィンランドの赤いストーン2個をはじき出し、ハウス(円)内に残るスーパーショット。このまま、今大会男女を通じて1エンド最多の6点を挙げて10−3に。第8エンドのラストショットが止まる前に、勝利を確信したカナダの4人は抱き合い、スタンドの応援団に手を振った。

 2大会連続で準優勝にとどまったが、ようやく金メダルにたどり着いた。「夢がやっとかなった」。スキップのハワード(50)が満面の笑みを浮かべた。

[2006/2/25/12:50]



最新ニュース

記事バックナンバー



ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア