このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年トリノ五輪 > 五輪ニュース


五輪

桧野、長岡組は15位に終わる/ボブスレー

<トリノ五輪:ボブスレー>◇21日◇決勝◇女子2人乗り

 後半3、4回戦を行い、日本の桧野真奈美(十勝エコロジーパーク財団)長岡千里(ニッシン)組は出場16チーム中15位(1チーム途中棄権)に終わった。桧野は「15位の成績は納得していない。これをいいステップにしてもっと強くなりたい。欲が出てきた」。長岡は「スタートタイムが目標に全く届かず、ゴールタイムにつながらなかった」と話した。

 ドイツAのサンドラ・キリアシス、アニャ・シュナイダーハインツェ組が金メダルを獲得した。

[2006/2/22/04:48]



最新ニュース

記事バックナンバー



ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア