このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年トリノ五輪 > 五輪ニュース


五輪

薬物疑惑2人離脱で最下位/バイアスロン

<トリノ五輪:バイアスロン>◇21日◇男子リレー7・5キロ×4

 ドーピング(薬物使用)疑惑の渦中で2選手が離脱したバイアスロンのオーストリアチームは最下位の17位に終わった。

 イタリア警察当局が、18日夜に選手村の外に同国チームが借り上げていた宿舎を捜索。この際、抜き打ちドーピング検査を受けた第1走者のダニエル・メゾティチュは「気持ちの動揺があった。注射器など見たことがない」と騒動に困惑した表情を浮かべ、最下位の結果について「高地トレーニングの失敗」と説明。第3走者のルートビヒ・グレドラーは「警察が来て、夜も眠れなかった。結果にはガッカリ。犯罪者のように扱われているが、僕らには何も情報がない」と落胆を隠せなかった。

 オーストリアのバイアスロンチームは、ウォルフガング・ペルナー、ウォルフガング・ロットマンの2選手が無断で選手団を離脱し、同国オリンピック委員会が資格停止処分とした。

[2006/2/21/23:53]



最新ニュース

記事バックナンバー



ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア