このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年トリノ五輪 > 五輪ニュース


五輪

日本は12位、ドイツが金/バイアスロン

<トリノ五輪:バイアスロン>◇21日◇男子リレー7・5キロ×4

 全員が自衛隊の日本(笠原辰己、井佐英徳、菅恭司、斉藤慎弥)は12位だった。

 ドイツが2大会ぶりに優勝し、スベン・フィッシャーとミヒャエル・グライスは、ともに今大会2個目の金メダル。オーレアイナル・ビョルンダーレンを擁するノルウェーは5位に終わり、2連覇を逃した。

 笠原辰己の話 最後にきて一番いい走りができた。周りは見てなかった。射撃がいいリズムで、走りにつながった。

 井佐英徳の話 いい順位で渡してもらったので、順位を上げようと思った。だけど、後ろから強いチームがごそっときた。射撃のリズムは良く、時間もかかっていない。自分なりに頑張れた。

 菅恭司の話 今回のチームは第1走者から非常にいい。自分もいい走りができた。全力でいった結果です。

 斉藤慎弥の話 いい流れでつないでもらったのに射撃が当たってくれなくてチームメートに申し訳ない。いつもの攻める射撃ができなくて慎重になってしまった。

[2006/2/22/02:38]



最新ニュース

記事バックナンバー



ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア