このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年トリノ五輪 > 五輪ニュース


五輪

日本勝利、本橋「最高です」/カーリング

【日本−イタリア】ストーンを投げる林。左は目黒、右は本橋(共同)
写真=【日本−イタリア】ストーンを投げる林。左は目黒、右は本橋(共同)

<トリノ五輪:カーリング>◇20日◇女子1次リーグ

 日本がイタリアに6−4で逆転勝ち。通算成績を4勝4敗として準決勝進出の望みをつないだ。19日に前回優勝の英国を破った勢いで日本は、第8エンドに追いつき、最終エンドに2点を勝ち越す劇的な勝利を収めた。

 20日夜(日本時間21日未明)の最終戦で日本がスイスに勝ち、カナダがデンマークに負ければ、タイブレーク(準決勝進出決定戦)に進む。

 また、ノルウェーがデンマークに8−1で圧勝し、6勝2敗で準決勝進出を決めた。

 小野寺歩の話 最後はカーリングの醍醐味(だいごみ)です。今日は、自分たちのいつものプランでいった。スイス戦は勝って、勝ち星を先行させて日本に帰りたい。

 林弓枝の話 今日はイタリアを応援する観客の声援がすごかったので、集中することを心掛けた。苦戦はしたが、最後は不利な状態でチャンスを待った。

 本橋麻里の話 最高です。2点を取られても、カーリングは焦る競技ではない。自分たちの戦いができた。マイペースで戦えた。

 目黒萌絵の話 うれしいです。今日は自分のショットが決まらなかったけど、次の3人がつないでくれた。地元チームの応援がいっぱいいたので粘り強くプレーした。

[2006/2/21/01:22]



最新ニュース

記事バックナンバー



ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア