このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年トリノ五輪 > 五輪ニュース


五輪

日本勝った準決勝へ望み/カーリング

【日本−英国】ストーンの位置を確認する小野寺(左)と林(共同)
写真=【日本−英国】ストーンの位置を確認する小野寺(左)と林(共同)

<トリノ五輪:カーリング>◇19日◇女子1次リーグ

 日本は前回ソルトレークシティー五輪金メダルの英国を10−5で破って3勝目を挙げ、準決勝進出に望みをつないだ。

 2勝4敗と、負ければ1次予選敗退が決まる一戦で、日本はスキップの小野寺歩(27=青森県協会)がこの日も好調。第5、第9エンドと3点を奪い、最終エンドを待たずに勝負を決めた。

[2006/2/20/00:57]



最新ニュース

記事バックナンバー



ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア