このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年トリノ五輪 > フィギュアニュース


フィギュアスケート

静香に金とダイヤのティアラ授与

 トリノ五輪のフィギュアスケート女子で金メダルを獲得した荒川静香(24=プリンスホテル)に24日夜(日本時間25日未明)、パラベラ競技場でイタリア・ピエモンテ州などから、金とダイヤモンドでつくられたティアラ(王冠型の髪飾り)が贈られる。

 「ディア・デオ」(副題「未来への眼」)と名付けられたティアラは、同州などがフィギュアスケート女子の金メダリストに授与するために準備。複数の細い輪を重ねたデザインで、直径が13・5〜15・5センチ、金の重さは計85グラムで計4・32カラットのダイヤモンドがちりばめられている。

 欧州デザイン学院トリノ校の女子学生がデザインし、金細工で有名なピエモンテ州バレンツァの金細工協会が製作した。

[2006/2/24/22:35]



最新ニュース

記事バックナンバー



ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア