このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年トリノ五輪 > フィギュアニュース


フィギュアスケート

「氷上のプリンセス」など伊紙が静香絶賛

 フィギュアスケート女子の荒川静香(24=プリンスホテル)の金メダル獲得を、24日付のイタリア朝刊各紙も伝えた。トリノが地元の全国紙スタンパは1面に「氷上のプリンセス」の見出しでビールマンスパイラルを行う荒川の写真とともに記事を掲載した。同紙は、荒川が昨季の世界女王イリーナ・スルツカヤ(ロシア)を破ったことを「驚き」と表現したが「もの静かな表情で、完ぺきな演技を見せた」と称賛した。

 全国スポーツ紙のガゼッタ・デロ・スポルトも1面で荒川の写真を掲載し「日本語を話す東洋の女神がパラベラ(競技場)に新しいいぶきを吹き込んだ」と報じた。

 1992年のアルベールビル五輪で優勝したクリスティ・ヤマグチは日系米国人で、荒川が今回初めて中央に日本国旗を掲揚させたと紹介。踊り子の作品を得意としたフランス人印象派画家のエドガー・ドガを引き合いに出し「バレリーナにスケート靴を履かせたようだった。観客は氷上にドガの絵を見た」と褒めちぎった。

[2006/2/24/20:22]



最新ニュース

記事バックナンバー



ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア