このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年トリノ五輪 > フィギュアニュース


フィギュアスケート

高橋大輔も興奮「心臓バクバク」

 荒川静香(24=プリンスホテル)を3階席で応援したフィギュア男子の高橋大輔(19=関大)は「僕が滑るわけじゃないのに、緊張して心臓がバクバクした。しーちゃん(荒川)がジャンプを1本1本降りるたびにガッツポーズを作っていた」と興奮冷めやらぬ様子だった。

 自身は今回、初めての大舞台で8位だった。荒川の快挙で君が代を聞いて「涙ぐみそうになった」と話し「一緒に練習しているので、うれしいけど悔しい。悔しいけどうれしい」と、大いに刺激を受けたようだ。

[2006/2/24/12:05]



最新ニュース

記事バックナンバー



ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア