このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年トリノ五輪 > フィギュアニュース


フィギュアスケート

城田フィギュア監督、悲願「金」に感慨

 日本スケート連盟の城田憲子フィギュア監督は、荒川静香(24=プリンスホテル)の滑りを称えた上で、「道のりは長かったけどやっと金メダルに届いた」としんみりと話した。「荒川みたいなスケーターはどこを探したっていない。世界選手権で優勝した時よりも安心して見ていられた。伊藤みどりの銀メダルは期待が彼女に集中して本来の力を発揮できなかった結果。今回は3人で束にかかれた。道のりは長かったけど、やっと金メダルに届いた」と感慨深げだった。

[2006/2/24/12:22]



最新ニュース

記事バックナンバー



ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア