このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年トリノ五輪 > フィギュアニュース


フィギュアスケート

JOC竹田会長「重圧の中で最高の演技」

 JOC(日本オリンピック委員会)の竹田恒和会長は、荒川静香(24=プリンスホテル)の金メダルに獲得と、トリノ五輪の日本メダル第1号を素直に喜んだ。「スタンドから緊張して荒川選手の滑りを見ていた。彼女の力を信じていたし、思い切ってやってくれればいいとの気持ちもあった。プレッシャーの中で最高の演技をしたと思う。ベストの成績で、こんなにうれしいことはない」と笑顔を見せた。

[2006/2/24/08:50]



最新ニュース

記事バックナンバー



ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア