このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年トリノ五輪 > フィギュアニュース


フィギュアスケート

高橋のルッツは0点/フィギュア

<トリノ五輪:フィギュアスケート>◇16日◇男子フリー

 フリーで高橋大輔(19=関大)の得点が伸びなかったのは、基礎点6点の3回転ルッツが0点になったためだった。ルールでは、3回転(3回転半を含む)または4回転を2種類のみ繰り返して跳べることになっている。高橋は最初の4回転トーループが回転不足で3回転トーループの判定を受けたことが響いた。

 高橋は2度の3回転半のほかに、3回転ルッツ−3回転トーループを跳んだ。この時点で3回転トーループと3回転半の2種類を繰り返したことになる。気付かず8番目の要素としてさらに3回転ルッツを跳んだため、これが対象外となった。

 3回転ルッツを基礎点3・3点のダブルアクセル(2回転半ジャンプ)に変えていれば、7位になっていた。

[2006/2/17/12:12]



最新ニュース

記事バックナンバー



ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア