このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年トリノ五輪 > フィギュアニュース


フィギュアスケート

高橋、プルシェンコらが有料公開練習

 14日からのフィギュアスケート男子の公式練習が13日、パラベラ競技場で行われ、ショートプログラム(SP)で滑走順1番の高橋大輔(19=関大)が、同じ第1グループの元世界王者エフゲニー・プルシェンコ(23=ロシア)らとともに高い難度のジャンプなどを披露し、有料公開で入場した一般客の拍手を浴びた。

 高橋はフリーの冒頭に入れる4回転トーループは失敗したが、3回転ルッツからの3連続ジャンプや、華麗なストレートステップで魅了。まずまずの仕上がりでSP本番を臨めそうだ。

 高橋の動きなどもチェックしたプルシェンコは4回転−3回転の連続ジャンプを披露し、優勝候補の風格を示した。

[2006/2/13/21:13]



最新ニュース

記事バックナンバー



ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア